ピアノ調律/ピアノ修理/ピアノ販売/ピアノ買取 

ピアノ調律師の店/ピアノ調律山梨

1級ピアノ調律技能士

ドイツベヒシュタイン本社技術研修終了

スタインウェイ会会員

山梨県公安委員会古物商許可 第471012000129号

〒400-0033 山梨県甲府市寿町2-9 ピアノショールーム

山梨県南巨摩郡早川町 ピアノ工房倉庫

TEL 090-5439-7595  FAX 055-226-2432

ピアノ調律・ピアノ修理・ご来店も予約制です   

ご予約、お問い合わせはe-mail:info@pianoatelier.org

楽器工房.コンチェルト

ピアノを活かす!よみがえるピアノ!

技術が光るピアノ調律師の店

携帯版

 

一般的に多くの方がピアノのメンテナンスについてはかなり曖昧に理解されていて、調律師まかせ、或は我関せず、・・・「全然弾かないから調律はしない」とか「誰に頼めば良いか解らないので放置してある」、中には「やっても特に変わり映えしない」というようなお言葉も耳にします。


一時のピアノブームにのって猛烈な勢いで「とにかく売れれば良い式」にピアノを普及したためにピアノについての知識を深く啓蒙しなかったピアノ業界の無責任さもさることながら、各家庭生活の中でのピアノの存在価値もさまざまです。活かされないピアノが山のように眠っている?のも現実です。


ですが花に水やりをするように、人に教育が必要なように、ピアノがピアノであるために必要不可欠で、ピアノを努力、忍耐で育て躾けるのが調律メンテナンスです。良い調律メンテナンスはピアノを生き生きさせ寿命を延ばし、人間をも喜ばせます。


ご存知の通り、 ピアノは木材、金属、皮革、繊維などとても変化しやすい数千〜一万にも及ぶ大小の部品の集合体で、これがかなり過酷な温湿度の変化にさらされています。

ピアノは家具や調度品のような耐久消費財ではありません。

たまに手入れをしないと安全に動作しません。これをサボると大きな事故になることも稀ではありません。


さて、「調律」とは何かというと辞典(ウィキペディア)には「楽器が発する音のピッチを演奏の目的に適うように調整すること」と出ています。つまり音程を調正することのみ。


しかし、多くの方がピアノのメンテナンスの全てを「調律」と思っていらっしゃる現実があります。これは基本的に大きな誤解です。


ピアノの中のおびただしい数の大小の部品全てを修正し「ボディー全体で響き、音程も正しく、 各部のなめらかな作動でタッチや音量、香り立つような音色がムラなくスムーズに揃い、尚かつ鍵盤コントロールに従順にイントネーションが変化してくれ、文句なく調和がとれている状態に仕上げる」為には、本来は他にも「修理」「調整」「整音」など、一台のピアノが全体で最高の状態である為にそれぞれに相当の時間を要する作業が必要です


現実の一般的な「調律」は、採算に追われて時間がとれないことによる、その場しのぎの間に合わせ作業(つぎはぎ作業)が行われていることがあまりにも多く見受けられます。(調律の定義からすると違反ではないのですが) 1〜2時間の「調律」で隅から隅まで全ての部品の状態を確認し修正するのは不可能です。 こういう「全体を看ない」「インスタント」な作業を積み重ねると、ピアノは音楽的な状態からどんどん遠のいて行きます。そしてこうなったピアノは結果的に演奏者の感性を育てません。

ピアノ発表会でよく無表情な演奏を耳にしますが恐らく自宅のピアノの状態が良くないのです。(それとも電子ピアノ?)

また、こういう内容の仕事に追われる調律師は感性も技術力もアップしません。


コンチェルトでは、お客様のご負担をなるべく押さえる為に「定期的調律メンテナンス」の中に出来る限りの修理、調整、整音、清掃、予防(虫食いや温湿度による被害)などを盛り込んだ「違いが解る」お得な作業を行います。一日の処理台数を最高2台と決め、時間を最大限に活かして、10年、20年後のそのピアノの状態を見据えて、その時最も必要な作業を行います。従いまして回数を重ねると他のピアノとは見違えるほどの高いレベルの状態になり、弾きやすくなります。それは弾き手の感性を高め、ピアノ演奏が楽しくなり演奏技術の向上にも繋がり、また楽器を永持ちさせます。


コンチェルトでは定期的な調律メンテナンスをお勧めしています。一日に4〜5時間使用するピアノは年に3,4回、1時間以上使用するピアノは年2回、ほとんど使用のないピアノも後々使用するおつもりでしたら是非せめて年1回の調律・点検メンテナンスをお願い致します。

また、コンチェルトでの作業が初めてのピアノや、さらに仕上がり精度を上げたいお客様にはお得な『ピアノ一日ドック』も受け付けております。


一言に「調律」といってもその仕事の中身は調律師によって十人十色。

仕事の内容を左右する要素は沢山あります。知識や経験、器用、不器用、センス、人格、そして情熱。


生涯勉強という姿勢でピアノに向かうコンチェルトのスタッフにあなたの大切なピアノの管理をおまかせください。


また、保管状態でこのようなメンテナンスが重荷の方は、ピアノのためにも処分されるのが「潔し」ではないでしょうか?


ピアノのことなら何でも、お支払いについてもお気軽にご相談下さい。

ピアノの調律について
調整pianotyousei.html
修理 オーバーホールpianoshuuri.html
一日ドックpianodoc.html
料金ryoukin.html
整音pianoseion.html
クリーニングpianocleaning.html
ホームhome.html

よくある質問

お客様の声

ピアノ調律師だからこそできることがある。
しなければならないことがある。
ピアノ調律メンテナンスpianosupport.html
ピアノ販売pianopolicy.html

ブログ

楽譜記念品pianogakuhu.html
営業案内eigyouannai.html
ピアノレッスンpianolesson.html
アクセスacces.html
リンクlink.html
スタッフstaff.html